夫の会社名義の財産は財産分与の対象になる?

離婚の際、夫が会社の経営者であった場合、夫の会社名義の財産は財産分与の対象になるのでしょうか。

例えば、夫の会社経営を10年間サポートしてきたが、価値のある財産のほとんどが会社名義となっているというケースですが、この場合、財産分与についてどのように考えればよいのでしょうか。

会社名義の財産について財産分与は受けられないのでしょうか。

この場合、会社名義の財産から財産分与を受けられる可能性があります。

会社と個人は別人格

まず、会社とその経営者であるご主人は、法律的には別の人格です。

そのため、会社の保有する財産は、夫婦にとっても第三者名義の財産ということになります。

したがって、原則として、会社の財産に対して別れる妻が財産分与を請求することはできません。

但し、第三者名義の財産といっても、常に、財産分与の対象とならないわけではありません。

夫婦が共同で形成した財産といえるか

財産分与という制度は、夫婦が共同で形成した財産を公平に分配するためのものです。

財産分与の対象となるのは、夫婦の「共有財産」(名実ともに夫婦の共有に属する財産)です。

また、「実質的共有財産」(名義は夫婦の一方に属するが、夫婦が協力して形成した財産)も対象となります。

つまり、夫婦が共同で形成した財産と評価できれば、名義に関わらず、すべて財産分与の対象となります。

さらに、その財産の名義が第三者である会社(法人)であっても、財産分与が認められる場合があり得ます。

法人という形はとっていても、それは単に税金対策や財産管理のための方便であって、株式の保有状態や経営状態から見て、経営者の個人経営である場合には、会社の財産イコール夫の財産となります。

その場合には、会社財産も財産分与の対象となります。

上記のケースもこれに該当する可能性があります。

 

 

 

弁護士無料相談のススメ

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。無料相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):(通話料無料・完全予約制)

朝9時~夜10時 予約受付・弁護士面談 土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談のススメ

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。無料相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):(通話料無料・完全予約制)

朝9時~夜10時 予約受付・弁護士面談 土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

交通アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。