性格の不一致を理由に離婚する場合は慰謝料を請求できますか?

性格の不一致を理由に離婚する場合は慰謝料を請求できるのでしょうか。

単に「性格の不一致」というだけでは慰謝料は発生しません。

慰謝料と財産分与の違い

離婚で手にする財産としては、財産分与の他に、慰謝料があります。

財産分与は、夫婦で築いた財産に対する貢献度によって分配されるので、離婚の原因を作った方が責任を問われてとり分を減額されるようなことはありません。

これに対し、慰謝料は、相手から受けた精神的苦痛に対して支払われるお金です。

一般的には、浮気や不倫などの不貞、それに暴行や虐待などが、慰謝料請求の対象となることが多いといえます。

離婚原因としてよく聞かれる「性格の不一致」のようなあいまいな理由では、慰謝料が発生することはまずないといえます。

また、「慰謝料は財産分与の範囲に含まれる」という場合と、「慰謝料と財産分与は別々に請求されるべき」という場合があります。

裁判(訴訟)で財産分与が決定した後で慰謝料の請求をすることも可能ですが、現実には、慰謝料は夫婦の共有財産の中から支払われるので、財産分与と慰謝料の両方を兼ねる場合が多いようです。

しかし、財産分与と慰謝料とは法律上は一応別のものとして規定されていますから、両者をきちんと区別してしっかり確認するように注意しましょう。

調停調書などに「今後名目の如何を問わず、財産上の請求を一切しない」という一筆を書き入れる際は特に要注意です。

面倒かって簡単にサインをしてしまったために、受けとれるべきものも受けとれなくなるおそれがあります。

なお、慰謝料は民法上の不法行為に対して認められるもので、離婚後3年以内に請求しなければなりません(民法724条)。

慰謝料の相場は?

慰謝料の金額は財産分与とあわせても200万円から600万円程度のケ-スが多いといえるでしょう。

しかし、慰謝料は精神的な苦痛に対して支払われるものですから、はっきりとした基準や相場があるわけではなく、全くケ-ス・バイ・ケースで決まるものなのです。

たとえば、お金持ちの夫がどうしても離婚したければ、多少金額が高くても妻の提示するお金を支払うでしょうし、逆に妻の方が「とにかく離婚したい」と思っていれば慰謝料の額にはそれほどこだわらないでしょう。

しかし、通常は、芸能人のように何千万円もの多額の慰謝料を請求できるということはありません。

相手方の離婚の責任の有無、程度、離婚を望むか否か、早期の解決を望むか否かなどにより、金額は変わってくるでしょう。

 

弁護士無料相談のススメ

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。無料相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):(通話料無料・完全予約制)

朝9時~夜10時 予約受付・弁護士面談 土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談のススメ

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。無料相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):(通話料無料・完全予約制)

朝9時~夜10時 予約受付・弁護士面談 土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

交通アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。