浮気相手はお金がないので支払えないと言っています。慰謝料の請求はあきらめるしかないのでしょうか。

配偶者(夫又は妻)に浮気・不倫をされたら、裏切られた代償としてせめて不倫相手に対して、慰謝料請求の裁判でも起こして、出来る限り不法行為の穴埋めをさせ、自身の感じた悔しい気持ちをわずかでも晴らしたいと思うかたが多いでしょう。

では、浮気相手に慰謝料を請求したら、浮気相手からお金がないので支払えないと言われた

場合、どうすればいいのでしょうか。 慰謝料の請求はあきらめるしかないのでしょうか。

慰謝料の分割支払い

自分の配偶者と浮気などの不貞行為を行った相手に対しては、慰謝料を請求することができます。

相手に収入や資産がなければ、すぐに全額を支払ってもらうことは難しそうですが、「収入がない」と言われたからといってあきらめる必要はありません。

収入や資産がまったくない相手から慰謝料を支払ってもらうひとつの方法は分割による支払の合意です

初回の支払いである程度まとまった金額を支払ってもらい、残額を毎月一定額ずつ支払ってもらうようにします。

分割支払の場合は、公正証書を作成しておくとよいでしょう。

公証証書を作成していなければ、相手が支払いをしなかった場合、訴訟をしないといけないので、時間と費用がかかります。

したがって、相手が将来就職した場合などに、給与やめぼしい財産を直ちに差し押さえたりすることが可能なように公正証書を作成します。

相手に収入がないからといってあきらめることなく、弁護士に相談するなどして、やれるだけのことはやりましょう。

慰謝料の請求を成功させるためには、請求方法やそのノウハウが重要となりますので、まずは、慰謝料に詳しい弁護士に相談してみるのがよいでしょう。

浮気・不倫相手に慰謝料請求したいと思ったら?

不倫相手に対しては、一般的には、まず、慰謝料の支払いを内容証明郵便等により請求して、交渉します。

相手方が不倫を否定し支払いに応じない場合、金額が合意に至らない場合等には、裁判をするかどうか検討します。

裁判は、時間と費用がかかり、負担が大きいので、証拠関係を精査し、訴訟提起した場合の勝敗、金額の見込み等を十分に吟味して慎重に判断する必要があります。

相手に請求する前に証拠を確保しておく

また、相手に請求していく際は、事前に不倫の証拠を確保しておきましょう。

相手が不倫を認めない可能性があるからです。

不倫(不貞)行為では、メール、LINE、ホテルのレシート、クレジットカードの明細等が考えられます。

また、有力な証拠がない場合は、興信所等、調査会社に依頼して不倫(不貞)行為の現場の証拠を確保することも考えられます。

弁護士相談30分3,500円(税別)

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

交通アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。