離婚時に年金を分割する制度があるとききましたが、どのような制度なのでしょうか。

国民年金制度は、全国民共通の基礎年金の部分と、基礎年金の上乗せとして、民間サラリーマンや公務員等(第2号被保険者)が加入を義務づけられている被用者年金(厚生年金・共済年金)の2階建ての構成となっています。

このうち、被用者年金については、被保険者のみが受給権者となるため、例えば、夫がサラリーマンで妻が専業主婦の夫婦が離婚した場合、妻は、国民年金(基礎年金)の権利しかないのに対し、夫はそれに加え被用者年金の権利もあり、受給できる年金額に格差が生じるという問題がありました。

そこで、平成16年の年金改正法により、まず、平成19年4月以降の離婚につき、婚姻期間に対応する被用者年金の保険料納付記録(年金額算定の基礎となる標準報酬額)の最大2分の1までを、夫婦の合意により、妻に分割することが認められました。

ここで分割の対象となるのは、被用者年金における具体的年金額ではありません。

したがって、離婚と同時に夫が将来受給できるであろう老齢厚生年金(共済年金)の半分がもらえるのではなく、妻自身が、自己の受給資格要件を満たした場合に、初めて、分割により増えた保険料納付記録を基礎として算定された、老齢厚生年金(共済年金)を受給することができるのです。

分割について、当事者間で合意ができない場合は、家庭裁判所の手続き(調停・審判等)による分割を求めることができます。

なお、按分割合を定めるにあたって必要な情報(標準報酬額・按分割合の範囲等)は、社会保険庁に対し開示請求ができます。

また、年金分割の請求は、離婚から2年以内に公正証書等の按分割合を定めた書類を添付して、社会保険事務所へ請求することが必要です。

さらに、平成20年4月からは、専業主婦等の第3号被保険者に限り、第2号被保険者の平成20年4月以降離婚時までに対応する保険料納付記録を、当事者一方の請求により、当然に分割する制度が認められています。

弁護士無料相談のススメ

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。無料相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):(通話料無料・完全予約制)

朝9時~夜10時 予約受付・弁護士面談 土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談のススメ

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。無料相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):(通話料無料・完全予約制)

朝9時~夜10時 予約受付・弁護士面談 土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

交通アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。