夫の借金を逃れるために離婚することはできますか?

夫の借金を逃れるために離婚することはできるのでしょうか。

次のような事例で考えてみましょう。

私たち夫婦は結婚して20年以上がたちます。

夫は自営業者で飲食店を経営していますが、私も夫に協力して事業を支えてきました。

ただ、近年の大不況のために業績が思わしくなく、夫はかなりの借金を抱えた状態です。

しかも、私たちの財産はほとんどが夫の名義になっています。

このままでは、すべての財産が差し押さえられてしまいます。

そこで、私たちが離婚して、私が財産分与を受けて債権者の追及を免れることはできないかと、夫と相談しています。

夫の借金を逃れるために離婚することはできるのでしょうか。

夫名義の財産を分与することはできる

まず、夫の名義になっている財産について、妻に分与ができるのかという問題があります。

財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に夫婦双方の協力で形成した財産を分けることをいいます。

この点については、財産分与の制度は夫婦が協力して築いた財産については、その貢献度に応じた分与が認められます。

したがって、財産の名義人がだれになっているかを問わず、実体に応じて判断していくことになります。

本件のケースでは、妻の協力で事業を行って財産を形成しています。

それゆえ、何割かは財産分与として認められるでしょう。

詐害行為取消権が行使される可能性がある

ただし、債権者からの追及を免れるために、本来妻に分与されるよりも不相当な財産を分与すると、債権者が「詐害行為取消権」を行使して、不相当な部分について、取消しを主張する可能性があります。

詐害行為取消権とは、債権者からの追及を免れるために債務者がその所有する財産を他人に譲渡した場合、その譲渡行為を取り消して財産を元に戻すように請求できる権利をいいます。

財産分与というと、離婚という夫婦間のプライベートな問題に関する行為ですから、詐害行為取消権の対象とはならないようにも思えます。

しかし、判例では、債権者を害する場合には、不相当に過大な部分については、取り消すことができるとしています。

本件のケースでも、取り消される可能性は高いと考えられます。

弁護士相談30分3,500円(税別)

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

交通アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。