仕事も家事もしない夫に離婚を請求できますか?

仕事も家事もしない夫に離婚を請求できるのでしょうか。

次のような事例を考えてみましょう。

私の夫はこらえ性がなく、結婚後もいくつもの職場を転々としてきました。

1年前には「俺は働くことに向いていない」と言い出し、以降全く働こうとしません。

わずかな貯金も底をつき、仕方なく実家に子どもを預けて私か働きに出ていますが、夫は私の留守中家事をするでもなく、だらだらと過ごしているようです。

私もほとほと愛想がつきたので離婚したいのですが、認められるでしょうか。

夫婦の義務

夫婦には、「同居し、互いに協力し、扶助する」義務があります(民法752条)。

ただ、経済的な面を夫が、家庭面を妻が担当すると決まっているわけではありません。

夫婦で話し合いをした結果、妻が外で働き夫が家事を担当するということにしたのであれば、夫が働かなくても構わないわけです。

しかし、今回のケ-スでは夫は家事に協力する様子もなく、子どもについても妻の実家に面倒をみてもらわなければならない状態のようですから、到底義務を果たしているとは言えません。

この点を裁判所できちんと主張すれば、離婚を認められる可能性はあるでしょう。

離婚事由は?

裁判離婚の要件は、(1)配偶者に不貞の行為があったとき、(2)配偶者に悪意で遺棄されたとき、(3)配偶者の生死が3年以上明らかでないとき、(4)配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき、(5)その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき、と限定されています。

この場合、離婚理由として主張できるのは「悪意の遺棄」(民法770条1項2号)です。

悪意の遺棄は、夫婦の一方が正当な理由もなく家族を置いて出て行ってしまう、というような行為のほか、病気など正当な理由もないのに就職をしない、家庭の維持のために何の努力もしない状態が1年以上も続いているというように、一方的に相互扶助義務を放棄している場合にも認められます。

調停などで話し合いをしていくうちに、夫に就職先を見つけてくるなどの行動が認められれば話は別ですが、再三の要求にもかかわらず、夫婦関係の改善に向けた具体的な努力が見られないのであれば離婚できるでしょう。

弁護士無料相談のススメ

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。無料相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):(通話料無料・完全予約制)

朝9時~夜10時 予約受付・弁護士面談 土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談のススメ

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。無料相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):(通話料無料・完全予約制)

朝9時~夜10時 予約受付・弁護士面談 土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

交通アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。