既婚女性との不倫の慰謝料を請求される。真摯な謝罪をして、約350万円を減額し、支払い可能な分割払いにして、訴訟で和解成立。

ご依頼者;40代男性、会社員

ご相談・ご依頼のきっかけ

ご依頼者は、既婚の女性と交際(不貞)をしましたが、配偶者である夫より慰謝料を請求されました。慰謝料を相当額まで減額したいとのことで、当社にご相談にいらっしゃいました。

当事務所の活動

ご依頼者は、不貞行為をしたこと自体は認めて反省しており、真摯な謝罪をしたいとのことでした。しかし、慰謝料を支払う意思はあるものの、現状、病気療養中で定期的な収入が乏しく、支払い可能な額に分割して欲しい、相手方の請求額を相当な額に減額したいとのご希望でした。
また、相手方は代理人弁護士を付けて、内容証明郵便により慰謝料の請求をしており、相手方弁護士と話し合うことは避けたいので、交渉を任せたいとのことでした。
そこで、当社が受任して、ご依頼者より詳細な事情を伺いました。
そして、相手方の代理人弁護士に対して、請求額を減額するよう、主張しました。
具体的には、本件と不貞行為の期間、夫婦の婚姻期間の点などにおいて類似する裁判例等を複数挙げて、これらの裁判例の判決、和解額と比較して、原告の請求は高額に過ぎる旨、主張しました。
併せて、相手方に対して、謝罪文を送付し、誠実な謝罪を行いました。
しかし、相手方主張の金額と開きが大きかったので、相手方は訴訟提起をしました。
訴訟の和解期日において、ご依頼者の現在の収入状況が厳しいことの証拠(給与明細、入通院費の明細など)を提出して、支払い可能な金額に分割してもらうよう、交渉しました。
以上の経緯を経て、当初にご依頼者が請求された慰謝料の金額を約350万円減額することができ、訴訟で和解成立により解決することができました。

当事務所が受任した結果

慰謝料に関して、約350万円を減額。
支払い可能な分割払いで合意。

参考「不貞の慰謝料の金額を決定する要素」

不貞行為による慰謝料の金額は、どのように決定されるのでしょうか。
慰謝料は精神的苦痛ですので、本来、金銭的に換算することが難しい性質のものです。
また、慰謝料の金額に関して、不倫(不貞)の具体的事情は、個々のケースに応じて様々ですので、定型的に決められるものではございません。
但し、裁判になった場合は、主に以下の要素を総合的に斟酌して決められます。

  • 不倫(不貞)期間
  • 不倫(不貞)行為の態様
  • どちらが主導的な役割を果たしたか
  • 婚姻期間
  • 婚姻関係破綻の有無
  • 婚姻生活の状況

など

 

離婚相談・よくある質問集(FAQ)はこちら

弁護士無料相談のススメ

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。無料相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):(通話料無料・完全予約制)

朝9時~夜10時 予約受付・弁護士面談 土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談のススメ

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。無料相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):(通話料無料・完全予約制)

朝9時~夜10時 予約受付・弁護士面談 土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

交通アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。