モラハラの証拠の集め方は?

モラハラの場合、その裏付け資料となる証拠の収集がDV以上に難しいです。

なぜなら、モラハラは、言葉による暴力であり、いわば「目に見えない暴力」たからです。

DVの場合は、怪我を伴うことが通常なので、診断書等が裏付け資料となり得ます。

しかし、モラハラの場合は、傷つくのは心です。

したがって、客観的に明らかではなく、日常的なモラハラがあったという資料を得ることが難しいのです。

そのような特徴を持つモラハラですが、次のものは裏付け資料となり得ます。

モラハラが言葉による場合

まず、モラハラの手段は、その多くが言葉ですので、ICレコーダーなどでモラハラ加害者の言葉を録音しておくという方法があります。

次に、考えられるのは、モラハラによって、メンタル不調となった場合、心療内科を受診するという方法です。

この際、医師にパートナーのモラハラの内容(発言した言葉など)を具体的に伝えておけば、カルテに記載してくれる可能性がありますので、後々証拠として提出できます。

なお、被害者の方がよく相手方の発言内容などのメモを作成されている場合もあります。

しかし、このメモについては、客観証拠ではなく、あまり証拠価値はないと考えられます。

すなわち、メモは被害者自身が作成したものであり、自己に有利なように虚偽の内容を記載したり、事実よりも過剰な記載をしたりする可能性があることから、裁判所は重視せず、参考程度にとどめることが多いからです。

モラハラが手紙やメールなどによる場合

パートナーが手紙やメールに人格を否定するような言葉を入れている場合、この手紙等が直接モラハラの裏付け資料となります。

近年は、手紙よりも、メールやSNS(LINE)による加害行為が増えています。

モラハラの場合メール等に記載された文字そのものが加害行為となります。

したがって、証拠としての重要性はより高いといえます。

DVやモラハラの立証については、専門の弁護士にご相談ください。

関連ページはこちら

お問い合わせはこちら!

アクセスはこちら!

モラハラ被害でお悩みの方へ

 

弁護士相談30分3,500円(税別)

弁護士は,離婚問題が将来どのように進むかを予測し、裁判まで想定した対応をすることができます。相談を利用したら依頼しないといけないというわけでは全くございませんので、お気軽にご利用下さいませ。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

交通アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。